Active! gate for ASP

メール送信時に「宛先を指定する」「内容を書く」「ファイルを添付する」のはすべて手作業です。
システムで自動的に対処しない限り「うっかりミス」を完全になくすことはできません。
Active! gateは「送信メールの一時保留」「添付ファイルの暗号化」「メール本文と添付ファイルの分離」「送信拒否機能」「Bcc強制変換機能」「上司承認機能」でメールや添付ファイル経由の情報漏えいを徹底的に排除します。

Active! gate for ASP
ISO27001の取得に必須課題であるメール誤送信防止対策をしたい。
運用ルールに基づいたセキュリティ対策をしたメール運用を行いたい。
豊富な機能、設定を備えたメール誤送信対策ツールを探している。
誤送信対策の運用が上手くいかないと悩んでいる。
クラウドアプリケーションサービスでの導入ポイント

お見積もり・お問合せ 新規お申込み

特長

7つのアプローチで「うっかりミス」によるメール誤送信を徹底防止

  1. 1.送信メールの一時保留 設定した条件によって送信メールを一定時間隔離・保留し、「うっかりミス」を防ぐ。
  2. 2.添付ファイルの暗号化 メール送信時に添付ファイルをパスワード付きのZIPファイルに自動変換する。
  3. 3.添付ファイルのWebダウンロード 添付ファイルをメール本文と分離し、パスワードを利用して別途ダウンロードする。
  4. 4.Bcc強制変換 ToやCcに一定個数以上のアドレスがある場合、Bccに自動変換する。
  5. 5.送信拒否 条件によりメールの送信自体を拒否します。送信拒否を通知するバウンスメールを送信可能。
  6. 6.時間差配信 NEW! 社内、グループ会社、社外にそれぞれメールを時間差で配信可能。
    外部にメールを送信する前に社内の関係者が内容を確認することができ、送信者が見落としていた「うっかりミス」などに事前に気づくことも可能。
  7. 7.上司承認機能 NEW!

    ユーザー(被承認者)が送信するメールの確認や添付ファイルのチェックなどを上司、または第三者(承認者)が行い、承認者の承認後にメールが送信される。

    ※「不在代理者」と「代理者」
    承認者が出張や長期不在の場合に代理承認が可能な「不在代理者」と、承認者が一定時間内に対応できない場合に承認が可能な「代理者」を設定可能。メール承認の停滞を防ぐ。

機能・仕様

7つのアプローチ
  • 送信メールの一時保留
  • 添付ファイルの暗号化
  • 添付ファイルのWebダウンロード
  • Bcc強制変換
  • 送信拒否
  • 時間差配信
  • 上司承認機能
管理者画面 Active! gate SS全体の運用に関する設定、ポリシー設定ができる管理者画面が提供されます。システム設定、ポリシー設定、ユーザー管理、メール一覧の参照、システム情報、統計情報の参照などができます。
ユーザーID毎の
管理・設定画面
「パーソナルコントローラ」
ユーザーID毎に保留メールの管理や設定ができるWeb画面が提供されます。メール一覧の参照、保留ポリシー、ファイル変換ポリシー(ZIP設定、Webダウンロード設定、パスワード設定)、ヘッダ変換ポリシー、通知メールの管理・設定などができます。

お見積もり・お問合せ 新規お申込み

オプション

追加ID 10ID毎
リソース追加 CPU/メモリ/ディスク容量
独自ドメイン名設定* マルチドメインをお申込みいただくと独自ドメインでのご利用が可能です。
ただし、ドメイン及びDNSはお客様管理となります。

お見積もり・お問合せ 新規お申込み

料金

※税抜価格です

  メールソリューション
シリーズ名 Active! gate for ASP
Active!gate オリジナルコース Active!gate 上司承認機能付コース
提供元 株式会社クオリティア
初期費用 50,000円 50,000円
月額費用(初期ID数分含む) 8,000円 10,000円
ID単価(追加時)  400円  500円
契約期間 3ヶ月 / 6ヶ月 / 12ヶ月 3ヶ月 / 6ヶ月 / 12ヶ月
初期ID数 20ID 20ID
追加ID数の単位 10ID 10ID

その他オプション料金はこちら

お見積もり・お問合せ 新規お申込み